リボ払い

まだまだ 暑い日が続いていますね。買い物にでかけるのも きびしいです。

買い物をする際にカードを利用する場合、支払方法は一括払いでしょうか?それともリボ払いを利用していますか?

リボ払いの支払方法には、残高支払い方式と定額方式が あります。残高支払方式は、決められた支払残高のランクにより 毎月の支払額が増減するもので、支払残高が増えると、毎月の支払額も増加するものです。

定額方式は、支払残高に関係なく 毎月一定の支払額を支払うもので、支払残高が増えても 支払額は一定ですが支払期間が延びるというもので、もちろんその間、手数料が発生します。

そして一般的に使われている実質年率15%とは いったい 利息はいくらくらいつくものなのでしょうか。

毎月末日を支払日として、たとえば8月1日に5万円の買い物をしたとします。年率は15%で計算すると、初回支払日の8月31日には、5万円に15%を掛けて、365日で割った金額に30日を掛けると616円となり、支払残高の設定ランクが1万円の場合1万円と利息の616円を合わせた金額を支払うことになります。

計算式は、残高×金利×利用日数/365日=手数料です。上記の計算は、一例なのでカード会社によって 異なります。

気軽に利用できて、月々も無理なく支払が可能なことはメリットかと思いますが、リボ払いのデメリットは、支払わなければいけない金額が いったいいくらあるのかということをきちんと 理解できていないケースが多いところです。残高に対して金利がかかるので、リボ払いの金利負担を抑えるためには、余裕のある時に、早めに多く支払ったほうがいいです。

家計管理を見直すうえで、現状のカードの利用方法も考えて、上手にお付き合いをしていってほしいです。

新原

 

 

猛暑日

猛暑日が続いていますね。外に出かけるだけで 体力が削られているような気がします。

一般的に、猛暑日が続くと経済効果がupすると言われていますが、本当にそうだなあと感じています。まず、エアコンの温度設定を低くしたり、長時間つけっぱなしにしたり。

外にでていると 飲料水を購入しますし、ついつい 夕飯にお惣菜を買って帰ってしまったりと。(言い訳としては、暑さでごはんを作る気力が減退しているためです。)

広い意味で考えると経済効果が上がるのは、良いことだと思いますが、家計単位で考えたときには、支出が増えるため どこかで調整しなければと思います。

先月、今月と いつもより出費が多かったかもと感じている方は、何に多く使っているか見直してみることも大事です。内容によっては、節約できたものも あるかもしれません。それがわかれば 今後の節約方法が見つかるかもしれません。

新原

 

 

災害への備え ②

今日は台風の接近のおかげか猛暑日はお休みですね。

さて明日からの週末は台風が吹き荒れそうな日本列島です。たくさんの花火大会の予定があるこの週末ですが、花火を楽しむ前にまずはご自身のいる場所の安全度を確認しておきましょう。

気象庁のホームページで防災情報をクリックしていただくと

https://www.jma.go.jp/jma/menu/menuflash.html

気象情報

台風情報

指定河川洪水予報

土砂災害警戒情報

等リアルタイムでの情報を見ることができます。

また今後の雨の予報や雨雲の動きなども見ることができます。

これらの情報をうまく活用して、ご自身の身を守ることを最優先に行動して下さい。

先日の豪雨で被害を受けた地方にも台風が進む可能性も出てきました。

もう誰も悲しまなくていいように、災害が起こる前にできるだけの備えをして早め早めに避難行動をしてください。

「避難して家を空けたけど、台風が去って家に帰ったら何ともなかったわ。」って皆さんが笑っていられることを心より望みます。

せっかく楽しみにしていた花火大会ですが、花火を見るのは台風が行ってしまってからでも遅くありません。

安心、安全を確保して花火を楽しもうではありませんか。

 

尾田

 

災害への備え

毎日暑い日が続いていますが、今週末はどうやら台風がやってくる模様です。台風や大雨は毎年大きな被害をもたらします。防災気象情報を利用して、被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。台風が近づく前に災害への備えをもう一度確認しましょう。

家の外の備え 大雨が降る前、風が強くなる前に

・窓や雨戸はしっかりと鍵をかけ、必要に応じて補強する。

・側溝や排水溝は掃除して水はけをよくしておく。

・風で飛ばされそうなものは飛ばないように固定したり、家の中に入れておく。

家の中の備え

・非常用品の確認:懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急用品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品、携帯電話充電器(ソーラー、電池で充電できるもの)

・室内からの安全対策:飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼る。万一の平井物の飛込に備えてカーテンやブラインドを下ろしておく

・水の確保:断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

避難場所の確認

・学校や公民館など、避難場所と指定されている場所への避難経路を確認しておく。

・普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。

・非難するときは持物を最小限にして、両手が使えるようにしておく。

非常持ち出し品を用意しよう リュックサックなどに入れておくもの(例)

・飲料水、乾パンやクラッカーなど、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳瓶

、・救急医薬品、常備薬、マスク、生理用品、紙おむつ

・現金(小銭も)、預金通帳など、印鑑、健康保険証、身分証明書、

・下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴

・ナイフ、缶切り、鍋、水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てカイロ、ティッシュ、筆記用具、ゴミ袋

・防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡、地図

災害が発生する前に 

平成30年台風7号及び前線等に伴う大雨により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

大雨によりたくさんの命が失われ、未だに行方の分からない方がたくさんいらっしゃいます。早く見つかってできることならご存命でご家族のもとに帰られますように、と祈るばかりです。

多くの犠牲を出さないために、何ができるかを考えてみました。まずはご自宅の近くのリスクを把握することから始めましょう。

以下のサイトは国土交通省ハザードマップポータルサイトにアクセスします。

https://disaportal.gsi.go.jp/

こちらを使ってご自宅の周辺や、学校、職場のリスクを確認してみてください。

されに、お住いの自治体のホームページから避難場所などを確認し、家族で集合する場所を決めておく、防災用品を揃える等、事前に準備・確認しておくことをお勧めします。

また、被災した方々が「防災無線が雨の音で聞こえないかった。」とおっしゃっているのをテレビで拝見しました。そのため自治体のメール配信サービスを登録する、Twitterのアカウントを入手して情報を得ることも必要ではないでしょうか。

とにかく事前の計画と、早めの避難行動を心がけましょう。自分と家族を守るのは誰でもありません、あなた自身なのです。

 

尾田