教育費と児童手当

コロナウィルスの感染防止のため、引き続きイベント自粛、渡航制限など、まだまだ対応が緩和される気配はありません。とはいえ、4月は進学の時期です。新しい生活が始まるという方も多くいらっしゃると思います。新しいことをスタートするにあたって、お金の管理、準備は重要ですよね。
新生活の生活費のことも大事ですが、進学にかかる教育費の準備は、早ければ早いほど楽になります。当たり前のことですが、貯蓄する期間が短ければその金額をあげなければいけなくなり、生活費を削減しなければいけなくなったり、その他の貯蓄を取り崩したりといったことが必要になってきます。

準備不足かもしれないという時には、奨学金制度や教育ローンを利用する方法もあります。利用することを念頭に置いて、目標の金額を設定して、そこから毎月、どのくらいお金を置いておかなきゃいけないのかを考えてみましょう。その際に、児童手当を生活費に使ってしまうのではなく、そのまま貯蓄するようにすると、ご自身で毎月貯蓄する額が少し楽になります。
支給額は、3歳未満¥15,000、3歳から小学校終了まで¥10,000、中学生¥10,000です。(所得制限のある家庭は一律¥5,000)
180月で計算をすると198万円になります。この金額にご自身で貯蓄をしている分をプラスするとかなりの金額になります。教育費は必要な時期が決まっているので、慌てることなく計画的に準備を進めましょう。

お子様にかけるお金は、学校の学費だけではなく、塾や習い事、留学など幅広いです。すべてを準備してあげるのではなく、お子様が一定の年齢になれば、親子でお金のことを話し合いして進路を考えることも大事なことです。

コロナウィルスと保険

桜が開花して、春の訪れを知らせてくれていますが、残念ながら、まだまだコロナウィルスは、終息とはいえないですね。感染者の報告も毎日ニュースで流れています。
もし、コロナウィルスに感染をしてしまったら、保険適応が可能でしょうか?
東京海上日動火災保険さんの発表によると、疾病を補償する商品でお支払いが可能とのことです。海外旅行保険、学校旅行総合保険の疾病補償部分やからだの保険の所得補償条項、超保険の所得補償条項、収入補償条項でお支払いが可能とのことです。(からだの保険、超保険は疾病危険等担保特約をセットしているケース)
コロナウィルスは「指定感染症」および「検疫感染症」に指定をされているのですが、感染症予防法における一類感染症、二類感染症、三類感染症に該当しないため、特定感染症を補償する商品では補償ができないとのことです。
一類感染症「エボラ出血熱・クリミア・コンゴ出血熱・ペストなど」
二類感染症「急性灰白髄炎・ジフテリア・など」
三類感染症「腸管出血性大腸菌感染症・コレラなど」   厚生労働省HPより

今回のコロナウィルスのような疾病を予測して、常時備えることは難しいですが、人生には大なり小なりリスクが存在します。ご自身の家庭で、考えられるリスクを考え、そのためにどう備えるかを一度考えてみることも、大事なことです。

社会情勢と家計

コロナウィルスの感染拡大の影響で、経済情勢が不安定ですね。株価の急落、アメリカの緊急利下げなど、経済ニュースはコロナに起因することばかりです。
感染拡大防止のため、時差出勤や在宅での仕事の推奨、子供たちは休校など、日常ではないことばかりです。すでに、残業代カットやお給料の減少で家計に影響がでている家庭も多くあると思われます。現状で影響がでていないようでも、じわりじわりと影響はでてきます。
収入が減少していないという方でも、必要以上の外出はかなり控えていますし、外食をすることが減り、自宅で食事をすることが増えています。
皆さんの外食が減るともちろん、飲食店は営業利益が落ちます。数か月なら、なんとか資金繰りができても、この状態が続くと経営ができなくなります。飲食店に限らず、お金を使ってもらわないと経営が成り立たなくなります。この影響は、消費者である私たちに還ってきます。負のサイクルにならないためにも、早くコロナが終息してほしいものです。

お勤めしている会社の経営状況が不安な方は、今はお財布の紐をしめている状態です。意識的にしめていなくても、旅行にいけない、イベントにいけない、外食しない、家と会社の往復だけだと、お金が貯まりますよね。普段、相談業務を行っているうえで、貯蓄の必要性や方法をお話ししていますが、それは社会情勢が安定して、経済サイクルがまわっている前提のお話です。個人がお金を貯めこむだけの状態が続くと、経済が冷え込みます。
家計を管理し、必要な貯蓄をしながら日常の楽しい生活にお金を使える状況が望ましいですが、今は感染を拡大させないためにも、消費を抑える忍耐の時期かもしれません。感染拡大が終息したときに、多くの人が楽しくお金を使い、経済サイクルがいい方向に向いてほしいです。その時に、うっぷんを晴らすかのような無駄遣いに走らないように、どのくらい楽しく使えるかな?など想定しながら、今は家計管理を考えましょう。
支出が管理しやすくなっている今こそ家計を確認してみましょう。買いだめなどで、バランスをくずしかけている家計は要再確認です。

家計管理と献立

買い物にいくと、スーパーや薬局では、スカスカの棚が目立ちますね。この状況は、いつ頃落ち着くのでしょうか。レジでは、やはりクレジットカードを利用している方が目立ちます。先日、前に並んでいた方が、限度額オーバーでご利用できないようですと言われていて、心配になりました。現金を利用している方なら、お財布の中身を、クレジットカードを利用されている方なら、今月どのくらい使っていて、枠はどのくらいなのかなどは把握をしていていてほしいです。使いたいだけ、どんどんカードを利用している状況は家計管理をしているとは言えない状況です。

現状のように落ち着かないときこそ、家計管理は重要です。

家計のご相談を受けていると、「食費はどのくらいがいいでしょうか?」という質問を受けることがあります。ご家族の人数や生活スタイルなど、また持病やアレルギーなど、各家庭によって、優先したいことがあると思うので、いくらがいいとは、一概にはお答えできないです。
まず、各家庭で優先したい状況と収支のバランスを考慮して、予算を決めても毎月、毎週その決めた予算でやりくりをするのは、決めた予算で食材を購入して、献立を上手に考えないといけないという別の課題もありますね。
私も献立を考えるのは、あまり得意ではありません。雑誌や本、ネットをみるとすごい方がたくさんいますよね。各家庭にあった、お手本にできそうなことから初めてみるのも、家計管理が上手になる方法です。すべての情報を鵜呑みにするのではなく、自分の家庭のためになることからはじめてみましょう。

不測の事態が起こった場合の準備はしていますか?

ここ数年は、災害が多く発生しているため、各家庭でも防災グッズを準備していたり、食料品、日用品を備蓄することも当たり前のようになってきましたね。必要以上の買いだめは別の問題ですが。一般的なものだけでなく、ご自身の家庭で、不測の事態が起こった場合に必要なものがあると思います。

先日、友人から「某病院でコロナウィルスの患者さんがでたらしく、一般の外来がストップしたみたいだよ。通院している病院でも今後あるかもね、、、。」との連絡がありました。持病がある方や治療中の方は、常備薬の予備は十分にありますか?
毎日飲むように、または注射薬などを処方されている方、一週間分またはそれ以上の予備は準備していますか?今回のようなケースだけではなく、急な天災などで通院している病院で処方がすぐに受けられないケースも起こりえます。
かわりの病院で処方してもらうことも、もちろん可能ですが、医療券を利用している方や病院指定がある方などは、普段から少し多めに処方してもらっていたほうが安心です。
最近、話題の買い占めされている日用品と違い、常備薬などはすぐに体調や命に関わる事なので、主治医の先生と相談のうえ、少し余裕をもった量をストックしましょう。
ご自身だけでなく、家族で持病がある方のことも考えてみましょう。
今回のようなケースや天災がいつ起こるかは誰にも予測ができないことです。
万が一の時に焦らない、困らないためにも、自身の家庭で不測の事態が起こった時に、ないと困るものを一度じっくりと考えてみましょう。