年末年始に特に気を付けたいこと

今年も残すところあとわずかですね。クリスマスが終わればあっという間にお正月がやってきます。そんな年末年始、大人も子供もなんとなくそわそわ落ち着かないこのころ、特に気を付けないといけないことがあります。

年末年始は救急車の出動が1年の中でも最も多くなる時期です。救急事故の発生を防止するために、事故の傾向や注意点を知っておき、事前に対策を立てておきましょう。

〇風邪やインフルエンザなどに気を付けましょう!

『そんなのあたりまえ』ですが、その当たり前な対策を怠っていませんか?最近では寒い季節だけの病気ではなくなってきたインフルエンザですが、やはり気温・湿度の低い冬場は特に気を付けたい怖い感染症です。特に乳幼児や高齢者、慢性疾患を持っている方がインフルエンザにかかると、重症化しやすく、死に至る可能性もありますので、注意が必要です。

★予防のポイント

・外から帰ったら、うがい、石鹸で手洗いをし、十分にすすぐ。

・なるべく人込みを避ける。(やむを得ずに人ごみに行くときはマスクを着用する)

・咳やくしゃみなどをするときは、マスクやティッシュペーパーなどで口と鼻を覆う。(間に合わない場合手を使うことが多いと思いますが、咳やくしゃみをしたその手で、いろいろなものをつかんでしまうので、むしろ逆効果と言われています。そんな時は衣類の袖などで代用しましょう)

・バランスの良い食事をする。

・十分な睡眠をとる。

〇飲酒による事故に気を付けましょう!

年末年始は、忘年会・新年会など、飲酒の機会が多くなり飲酒による事故が増える時期です。予防のポイントに注意するとともに、一緒に飲んでいる人も飲酒について注意を払うことが必要です。楽しいお酒の席もマナーを守らないと、笑えないことが起きることを心にとめておきましょう。

★予防のポイント

・自分の適量を知り、その日の体調にも注意する。

・一気飲み、短時間の多量の飲酒は避ける。

・無理に飲ませない、飲みたくないのに飲まない。

・アルコールの危険性を知る。

・周囲の人は、酔ってしまった人に付き添って、1人にしないようにする。

・酔った人が吐いた場合は、のどに詰まらせないように注意する。

〇餅や食べ物による窒息事故に気を付けましょう!

年末年始は餅や食べ物をのどに詰まらせる窒息事故が多発する傾向があります。特に、年齢を重ねるとかむ力や飲み込み力が弱まり、咳をする反応も弱くなるため、窒息事故が発生しやすくなるため注意が必要です。餅だけでなく、肉やこんにゃく、など餅以外の食品でも窒息事後が発生しています。

★予防のポイント

・食べにくい餅や肉などは小さく切って食べやすい大きさにする。

・急いで飲み込むことのないように、ゆっくり噛んで食べるようにする。

・食事はなるべく家族と一緒に取るようにする。

 

少しの注意で事故は未然に防げるものです。事故のない楽しい年末年始をお過ごしください。

Merry Christmas !

尾田

 

#年末年始 #注意 #事故

防災

台風19号により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

今年は、大型の台風により各地に大きな被害がありました。大きな被害をおこしてしまう天災に備えることは、どこまで可能なのでしょうか。

住んでいる地域の避難場所の把握や、いざというときの持ち出し品の準備、避難せず自宅にて待機の場合は、家族の人数分の水や食料の確保は、各自にて可能なことです。

避難時に持ち出すものは、現金(携帯が使えない場合も想定すると硬貨も)、身分証明書、着替え等ですが、各家庭の状況によっては、さらに準備が必要となります。例えば、私の場合は持病があるため、常備薬とお薬手帳が必要です。(この常備薬が、なかなかの量です。)

自宅にて備える場合は、一般的に家族の人数分かける7日といわれていますが、水、食料は備えていたのですが、電池が足りないのでは?と気づきました。気づいた時には、遅かったです。近所のお店には、まったくありませんでした。昨日もお店を何件かまわったのですが、まだ入荷されていませんでした。

ご家族状況により、備えるものがあるので、リストアップしてみることも大切です。防災の日に限らず、常日頃から備えていれば、万が一のときに落ち着いた行動ができると思います。

以下のサイトなども参考にしてみてください。

減災グッズチェックリスト(人と防災未来センター)

http://www.dri.ne.jp/utility/utility_checklist

 

防災グッズリストダウンロード (NHK)

http://www.nhk.or.jp/sonae/goods/index.html

#防災 #防災グッズリスト

万が一の場合の備え

急に気温が下がり冬らしい寒さの日が続きますね。

先日、少しヒヤッとすることがありました。

お手続きで印鑑が必要だったのですが、保管されている方と連絡が取れませんでした。その方はお一人暮らしの方で、集まっている方たちも 何も聞いていないとのことで あらゆる憶測がとびかいました。

お一人暮らしの場合で、もしかして 部屋の中で倒れているかもということが想像できたとしても、ご家族親族でもなければ 勝手に部屋を開けるわけにもいかないです。大家さんも 心配でもいいですよとは言えないです。基本は、連絡可能な家族の方へ連絡が必要になります。事件性があれば警察への連絡で なにかしら対応していただけるのかもしれませんが。連絡が取れないというだけでは、警察も動いてもらえないと思います。失踪届けなどの話はまた別ですが。

高齢の方で一人暮らしの場合、お子様へ合いかぎを預けているという方もいますし、離れて暮らしている場合、お子様の方から 定期的に電話をしているという方もいます。

結局、連絡はついたので ホッとしたのですが(寝ていたそうです、、、。)、万が一のときにどうするかということを あらためて考えてみました。

ご自身の家族状況、生活状況によって、備え方はたくさんあると思います。お一人暮らしのケースに限らず、災害が起こった場合のことも同等ではないでしょうか。万が一の際の 連絡手段や集合避難場所など、または定期的な備蓄品の見直しなど 多岐にわたりますが、ご家族内で一度 相談してみるのも大事です。

年末年始に 時間にゆとりがあるなら ご家族が同居の方も、そうではない一人暮らしの方も考えてみて下さい。

新原

 

災害への備え ②

今日は台風の接近のおかげか猛暑日はお休みですね。

さて明日からの週末は台風が吹き荒れそうな日本列島です。たくさんの花火大会の予定があるこの週末ですが、花火を楽しむ前にまずはご自身のいる場所の安全度を確認しておきましょう。

気象庁のホームページで防災情報をクリックしていただくと

https://www.jma.go.jp/jma/menu/menuflash.html

気象情報

台風情報

指定河川洪水予報

土砂災害警戒情報

等リアルタイムでの情報を見ることができます。

また今後の雨の予報や雨雲の動きなども見ることができます。

これらの情報をうまく活用して、ご自身の身を守ることを最優先に行動して下さい。

先日の豪雨で被害を受けた地方にも台風が進む可能性も出てきました。

もう誰も悲しまなくていいように、災害が起こる前にできるだけの備えをして早め早めに避難行動をしてください。

「避難して家を空けたけど、台風が去って家に帰ったら何ともなかったわ。」って皆さんが笑っていられることを心より望みます。

せっかく楽しみにしていた花火大会ですが、花火を見るのは台風が行ってしまってからでも遅くありません。

安心、安全を確保して花火を楽しもうではありませんか。

 

尾田

 

災害への備え

毎日暑い日が続いていますが、今週末はどうやら台風がやってくる模様です。台風や大雨は毎年大きな被害をもたらします。防災気象情報を利用して、被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。台風が近づく前に災害への備えをもう一度確認しましょう。

家の外の備え 大雨が降る前、風が強くなる前に

・窓や雨戸はしっかりと鍵をかけ、必要に応じて補強する。

・側溝や排水溝は掃除して水はけをよくしておく。

・風で飛ばされそうなものは飛ばないように固定したり、家の中に入れておく。

家の中の備え

・非常用品の確認:懐中電灯、携帯用ラジオ(乾電池)、救急用品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品、携帯電話充電器(ソーラー、電池で充電できるもの)

・室内からの安全対策:飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼る。万一の平井物の飛込に備えてカーテンやブラインドを下ろしておく

・水の確保:断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。

避難場所の確認

・学校や公民館など、避難場所と指定されている場所への避難経路を確認しておく。

・普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。

・非難するときは持物を最小限にして、両手が使えるようにしておく。

非常持ち出し品を用意しよう リュックサックなどに入れておくもの(例)

・飲料水、乾パンやクラッカーなど、レトルト食品、缶詰、粉ミルク、哺乳瓶

、・救急医薬品、常備薬、マスク、生理用品、紙おむつ

・現金(小銭も)、預金通帳など、印鑑、健康保険証、身分証明書、

・下着、タオル、寝袋、雨具、軍手、靴

・ナイフ、缶切り、鍋、水筒、懐中電灯、ラジオ、電池、ロープ、マッチやライター、使い捨てカイロ、ティッシュ、筆記用具、ゴミ袋

・防災頭巾やヘルメット、予備の眼鏡、地図