保険は必要?考えてみましょう

新年度、新生活がスタートして 気が付けばもうすぐGWですね。

この春、保険に影響する標準生命表の改定がおこなわれました。

標準生命表は、年齢ごとの死亡率を計算したものです。背景には、日本の長寿化の影響があります。各生命保険会社で、保険料率の変更がありました。これを機会に ご自身の加入している保険を一度、再確認してみてはどうでしょうか。

最近では、保険について多種多様な考え方があります。

日本は社会保障制度が充実しているため、医療保険は必要ないという考えもありますが、私個人は、長期療養の経験をふまえて 医療保険は必要だと考えています。

毎月、一定の金額を掛け捨てのタイプで加入している場合で一度も保険給付を受けたことがない方などは、支払った金額を合計すると もったいないと感じてしまうのも理解できます。ここで少し考えていただきたのが、保険とは?というところです。

保険は本来 相互扶助の精神から成り立っているものです。人生においては、大なり小なり トラブルやアクシデントに見舞われリスクを負うことがあります。その時は、いつ、またどんなことがおこるのか 誰にもわかりません。現在、貯蓄も十二分にあり、手術も入院も費用的には問題がないという方は、どのくらいいるでしょうか。

平均的な家庭の年収で約370万円から約770万円なら高額療養制度で80,100円+(医療費-267,000円)×1% [69歳以下・世帯ごと・ひと月の上限額]の支払いで大丈夫だから、特に医療保険に加入する必要がないと考える方もいるでしょう。

高額療養制度では、差額ベッド代、食事代、先進医療の費用は対象になりません。

差額ベッド代については、大部屋以外の部屋を使用した場合に平均で5,000円以上かかると言われています。[1人部屋から4人部屋の平均]食事代については、1食460円×3食×日数がかかります。

たとえば 乳がんで20日間入院し、手術、治療費用等を仮に100万円かかり、3割負担で30万円に請求があった場合です。高額療養制度を利用し80,430円の費用。

その他に、食事代460円×3×20日で27,600円、病衣を仮に300円とし毎日かえた場合6,000円、テレビカードの料金、貸し出しの冷蔵庫の料金など こまごまと必要になる費用があります。高額療養費制度の限度額の支払い以外にも、3万円から5万円ほど費用が必要となります。もしも治療の成果があがらず、満足に働けない場合など、生活費は大丈夫でしょうか。

先進医療の治療をうけたいが自費でとなると悩んでしまうような気がします。

社会保障制度だけで問題ないと決めつけずに、家族構成、家計の状況、さまざまな理由で、多面的にリスクを考えたうえで ご自身の加入している保険について 一度考えてみてください。

新原

 

児童手当

お子様がいらっしゃるご家庭では、現在 児童手当が支給されています。

この支給されたお金は、どのようにしていますか?

生活費の足しに?お子様に必要なものを購入するために利用?そのまま貯金へ?

家庭の状況によって、さまざまかと思います。

児童手当は、日本国内に居住していて 0歳から中学校終了まで(15歳に達する日の最初の3月末日まで)が支給対象です。

0歳から3歳未満 15,000円、3歳から小学校終了前 10,000円 (第3子以降15,000)、中学生 10,000円、所得制限のある方は 5,000円となっています。

 申請手続きをすみやかに行い お子様は一人、全期間支給を受けた場合の児童手当を 貯金した場合の金額ですが、

0歳から3歳 36か月×15,000円→540,000

3歳から小学校終了 108か月×10,000円→1,080,000

中学校入学から終了 36か月×10,000円→360,000

合計 1,980,000円となります。

児童手当の基本的な考え方は、家庭の生活の安定、児童の健やかな成長のためにというものです。お子様のためにという考えを基本にして、児童手当をそのまま お子様の教育費のために貯めておくと 大学進学の際に 急に大きなお金をあわてて準備しなければいけないという事態は ふせげるのではないでしょうか。もちろん 教育費は 大学の費用だけではないので、家庭によっては、中学校、高校の進学にあわせて 費用の準備が必要になることもあると思います。教育費といっても 学費だけではなく、習い事や 学習塾、部活動等と必要になります。また、家庭やお子様の希望によって、必要になる教育費も異なってきます。

まずは、いつまでに、いくら必要でそのためには 今からどのような準備をはじめれば 家計に無理なく準備ができるのか。おおよそでもかまわないので、どの時期にどのくらいが必要になるのか、お子様の成長の姿を想像しながら、楽しく考えてみてください。

新原

 

 

 

 

 

iDeco(個人型確定拠出年金)を始めたら

4月も半ばを過ぎ、花粉の量もだいぶ減りました。花粉症の方も少しほっとしているのではないでしょうか?気温も上昇してそろそろマスクともお別れしたいですよね。

さて、昨年から加入要件が変わって、iDecoに加入された方かなりいらっしゃるのではないでしょうか。私の知る限りでも加入したというお話を、ちょくちょく聞きます。

iDecoは60歳まで受け取ることができないので、老後資金のために積み立てているのだけれど、本当の意味で掛け金が増やせたかどうかは先にならないとわかりません。

しかし、税制面では優遇されているので、その部分でのメリットを先に受け取っているのです。iDecoの掛け金は全額所得税控除されます。昨年加入された方はその分を年末調整で受け取っているはずです。

ところで、年末調整って貯めていますか?「えっ・・・?」と思った方、要注意です。毎年年末調整をお小遣いとして使っている方、iDecoの控除分も一緒に使っていませんか?

例えば、将来の年金として加入したのだからと元本保証の商品を選んだとしましょう。リスクを取らなければリターンも少ないのは投資の常識。元本保証の金融商品で増えることは期待できません。ではどこでメリットを得るかといえば、税制面の優遇措置が大きいのです。

郵便局や銀行に積み立をしても増える金額はひょっとしたら同じかもしれません。しかし、郵便局や銀行に積立をしているお金と違うのは、iDecoで支払った掛け金には税金がかからないことです。そのお金は毎年年末調整という形で戻ってくるのです。

この年末調整を積み立てておくことをしないと、iDecoに掛け金を積み立てた意味が薄れてしまうかもしれないのです。

昨年の年末調整分はもう使ってしまった方も、今年の分から別口座にしっかり貯めておくようにしましょう。

尾田

片づけと家計

ようやく だいぶ暖かくなってきましたね。

厚手の上着がいらなくなるのも あと少しではないでしょうか?はやくも薄着で歩いている方も ちらほらみかけますが。

季節がかわるごとに衣替えは、どこのご家庭でも行うのではないかなっと思います。

我が家では 冬ものをしまうまえに、来年もこの服は着るのかな?と考えながら、しまうものと 処分するものをわけます。比率は処分するものが多いかもしれません。

以前は、洗濯、クリーニング後 入れ替え収納しておしまいといった感じだったのですが、そうすると 収納スペースがいっぱいになったり、着たいときに見つからないなどの不便さを感じることが多々ありました。

さらに、スペースをとってまで大事にしまったはずなのに、そのまま着なくなってしまうということもありました。

必要なものとそうでないものを区別し、自分の衣類を把握しておくと よけいな買い物をすることも減ります。すでにもっている衣類に似たものを 買うことや 購入したけどあまり着ないで処分したものと似たパターンであったりといったことが把握できているからです。

服飾品に限ったことではありませんが、把握してから消費することと、ただなんとなく消費することでは、家計に差がでてきます。

日々のスーパーでの買い物も同じです。

冷蔵庫の中身を把握しないで買い物をすると、ついつい余計なものを買いすぎてしまったりしませんか?

けちけち買い物をしてくださいといった話ではありません。把握できてから必要なものを買い物できるようになると、その分余計なものを買う分が貯蓄にまわせて 家計が楽になったり、管理がしやすくなります。

身の回りも家計も すっきりさせて 春をむかえましょう。

新原

 

地震保険の改定

桜も満開になり、明日から新年度が始まりますね。

さて、保険の見直しをしたいとあちこちからお問い合わせいただきますが、今年はまず火災保険を見直してください。

2019年1月に地震保険の改定があります。2017年1月に改訂を行って、2度めの改定です。どうして何度も改定があるのか?という疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2011年東北大震災のあと震度5以上の地震があちこちで起こるようになりました。そのような状況下にあって全国平均で大きく引き上げが必要になっているのです。しかし、一度に保険料を上げてしまうと、加入者の負担が大きくなってしまう。地震保険そのものの加入率が低くなってしまう。などの心配があることから3段階に分けて改訂を行うことにしています。

そして、2019年が2度目の改定になります。2回目の改定になる前に一度ご自宅などの火災保険について見直されることをお勧めします。

近年地震だけでなく、台風や爆弾低気圧などによる水害、風災、雪災が多くなっています。そんなことも念頭に置きながら、ご自宅の火災保険とたまには向き合ってみることも、必要なのではないでしょうか。

 

3回目の改定については、改定後の保険料・改定時期ともに今の段階では決まっておりません。

 

尾田