ドコモ口座で不正出金

 子育てファミリーの家計相談をオンラインでおこなっている塙です。

電子決済サービスのひとつのドコモ口座から不正に現金を引き出されている被害が相次いでいますね。

 被害のあった銀行名が発表されましたが、いずれも地方銀行ばかりでした。なぜ、地方銀行ばかりが狙われてしまったのかについてや、ドコモ口座自体の登録方法の問題については、専門家の方たちがすでに説明をしたとおりですが、こわいのが、不正が行われた方法がまだわかっていないという点でした。

 ドコモ口座の登録には、携帯の契約と関係がなく任意のアドレスでパソコンで登録、操作が可能で、そのため不正ななりすましでの出金がおこってしまったのですが、口座の情報や暗証番号がどこから盗まれたのかが、判明しないことが不安です。

 今は、Webでのお金のやり取りは、生活において必要不可欠になってきています。便利ですが、反面セキュリティ対策がしっかりおこなわれていないと、今回のように悪用される事態が起こってしまいます。銀行口座との紐づけや連携のための本人確認は、簡易化せず行ってほしいものです。

 また利用する際にも二段階認証や暗証番号が必要なことはもとより、パスカードの情報を求めるなど、利用する側にも少しの手間が必要になってしまいますが、安全を優先するのであれば必要なことです。

 ドコモ口座の利用があるなしにかかわらず、ご自身の口座の暗証番号は定期的に変更をすることも対策のひとつですが、最新の情報を盗まれるようでは意味がありません。便利な決済ツールを安心して利用できるように、提供する側にセキュリティ対策をしっかりおこなってほしいものです。

 また自衛策として、口座の管理をこまめにすることも対策のひとつです。おぼえのない利用金額があれば早めに動くことができます。ほったらかしの口座がないよう管理をし、不要な口座であれば解約などの手続きをしましょう。お金周りは常日頃からきれいにして生活をしましょう。

GDP(国内総生産)戦後最悪の落ち込み

 

 先日、産経新聞にて報じられましたね。コロナウィルスの感染拡大の影響は、例がない事態で日本だけでなく、世界中の経済へ大きな被害を与えました。感染症による後遺症や死亡の人的リスクだけではなく、経済活動そのものを大きく変えてしまいました。

 緊急事態宣言発令による活動自粛、休業、休職。そのあとの経済の冷え込みについては、多くの人が予測していた結果通りですが。

そのあとの経済政策により消費活動が少し動いたにせよ、本当の意味での経済の活性化とは言えません。いまだコロナウィルスの感染拡大は終息したとはとても言えないですし、廃業や倒産、失業の波はこれからさらに大きくなっていくのではと、、、。っと、ニュースでは不安になる話題ばかりで、正直落ち着かないですよね。

廃業、倒産、失業はもとよりボーナスカット、給与のカットなどといった事態になってしまうと、今までと同じ生活をすること自体が難しくなります。生活資金が足りない、消費活動が落ち込む、お金が動かない、回らないといった負のスパイラルを少しでも緩和するためにご自身の家計ではなにができるのでしょうか。

 今、収入面でなにも変わらないという方も、一度ご自身の家計状況、持っている資産と負債の再確認をしてみましょう。不測の事態が起こってしまった場合、どのくらいの期間やどこまでなら耐えられるかなど、家計の体力測定をしましょう。家計の体力が不足している場合や、不測の事態の長期化への不安が考えられる場合は、今から生活資金の見直しを始めれば、リスクを抑えることも可能です。すでに生活が上手く回らなくなり始めている場合は、早期に国や自治体の制度を上手に活用することも検討しましょう。

在宅ワークの助成金制度

 コロナウィルスの感染防止のため、在宅ワーク、時差出勤が推奨されていますね。もともと、東京オリンピックの混雑緩和のため、導入を検討し準備を進めていた企業も多いと思われますが、今回、コロナウィルスの感染防止のため、早期に導入せざるを得なかったという企業も多いことでしょう。

 私の友人に、もともと在宅でも会社出勤でもどちらでも可能な会社へ勤めている方がいます。在宅だと集中力にかけるという理由で、出勤するほうを選んでいました。通勤に時間をかけるより(しかも満員電車にゆられて)在宅の方が、はかどるのでは?と考えていたのですが、自身が在宅になってみて、友人の言っていることが少しわかりました。

 タイムスケジュールをある程度決めて、やることリストを考えておかないと、気が散ってしまいます。集中力が必要ですね、本当に。会社の業務内容によっては、もともと在宅でできることがないというケースや在宅ワークを取り入れたけれど、会社内とすべて同じ業務が可能とはいかないケースも多いことでしょう。

 個人のモチベーションと同時に、それに伴う費用についての取り決めも課題です。パソコン、スマホ、通信費、光熱費など、どこまでが業務に起因する費用なのか、トラブル回避のためにも事前の話し合いは重要です。

 テレワークに関する助成金制度の「東京都テレワーク助成金」では、パソコン、スマホ等の機器購入費も助成の対象となります。対象条件は、常時雇用者2名~999名の中小企業等、東京都の2020TDM推進プロジェクトへ参加をしている等々、いくつかの条件があります。実施期間は、2020512日までですが、東京都の予算に達した場合は早めに締め切りをするようです。「厚生労働省 時間外労働改善助成金」では、パソコン、スマホ等は助成の対象外です。このように、助成金にも種類があります。テレワークの助成金を申請したい場合でも、対象条件が限定されているので、どの助成金なら該当するのかの検討が必要です。

 

参考

総務省テレワーク情報サイト https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/telework/furusato-telework/index.html

厚労省テレワーク総合ポータルサイト https://telework.mhlw.go.jp/

 

定期外来がある方への特別措置について

 先日、定期外来へ行ってきました。持病を持っていて、定期的に外来受診をして、薬を処方してもらわなければいけない方向けに、コロナウィルスの感染予防のため、電話等で処方を受けられる特別措置があります。厚労省より、先日発表があり、コロナにおびえながら受診をしなくてもいいのかと考えていたのですが、結局、電話が繋がらないため、受診しにでかけていきました。

 電話が繋がらないのなら、メールやHPになにかしらの窓口がないものかと探しましたが、ありませんでした。そこまで整えている病院もあるようですが。

 病院は、入り口でのいくつかの申告と体温測定、院内でのマスク着用を義務付けていました。いつもの病院より、人が少なく、ほとんど待たずに受診と処方をもらいました。

 今回、電車も院内も、人がほとんどいなかったため、考えていたよりはスムーズに帰宅できたので、一安心でした。

 ですが、定期外来がある方は、受診日に余裕のあるうちに、かかりつけの病院へ問い合わせをお勧めします。

流れとしては、電話にて診療、処方をしてもらい、FAX等で処方戦を受信、薬局へ提出(FAXがないという方は、病院より直接薬局へ送信してもらうなど)、処方薬を受け取るというものです。こちらは、コロナウィルスの感染防止のため、あくまで臨時的な措置とのことですが、持病を持っている方は、健康な方より、感染リスクが高いため、利用をお勧めします。

 

保険のことが少し理解できるようになりました!

10月29日火曜日の午後、雨の中を神田まで出かけて、FP3級にチャレンジする方の受験対策講座の、講師を務めさせていただきました。

午後からの講義だったので、「みんな眠たいに違いない。」「寝てる人がいたらどうしよう。」と、ちょっと不安だったのですが、皆さん本当に真剣に聞いていただいて、休憩中には質問がどんどん出てきていました。受講生の方々の真剣さに、正直タジタジ。(;^ω^)

私がお話したのはリスク管理と保険のパートでしたが、テキストも初見の受講生の方に、できるだけわかりやすく、でも試験で出てくるひっかけ問題にも引っかからないように。と、自分が受験するときよりも勉強しました。(笑)

細かいところまでお伝えするには3時間という時間では不十分でしたが、それでもテキストと、2019年の過去問を振り返り、保険用語、テキストの解説、テキストには載っていないけどテストに出されていることなどを、お話ししました。

講座後の懇親会で「先生、保険のことが少し理解できるようになりました。」とのお声をいただき、こんな私でも先生!と思うと同時に、少しでも理解できるようになったの言葉が、すごくうれしくて、講師をやってよかったなと思いました。(#^.^#)

受講生の皆さん、1月の試験日まではまだまだ時間がありますが、社会人の方は勉強する時間がなかなか取れないと思います。頑張って全員合格してください。

尾田

 

#FP3級  #試験  #講師