今年も参加させていただきました

毎年春に出るこの雑誌、今年もランキングに参加させていただきました。しかしながら、このタイトルを見て購入する方はほぼ業界の方のようです。

ランキングなんかよりもこの雑誌の中身、すごいことが書いてありますね。毎年お送りいただく紙面を拝読しては『すごいなあ。この記事書いた人のほうが絶対に保険に詳しいに違いない』と思うのです。

せっかく社名と名前を掲載していただけるのに、これを見てご連絡いただくのは生命保険会社さんとコンサルタント会社の方ばかりです。お客様からは一本の電話もいただきません。一件ご連絡くださった方がいらっしゃいましたが、その方も業界の方でした(笑)

この雑誌がビジネス書のなかでは一番出回っているそうで、とても光栄なことなのですが、売り上げにはつながらないのが残念です。お読みになるのが40代から50代60代の男性が多いからでしょうか?

できれば、世の中の子育て中のお母さんが読むような雑誌に名前が載ると嬉しいなあ。ESSEとかレタスクラブとかたまひよとか、クロワッサンに載れると嬉しいなあ(ささやかな独り言)。

それに加えて、春先だけ文章を書くお仕事の依頼をいただきますが、これがまた年に1度しか書かないものだから、書きなれなくて下手さが出てしまうのも、悲しいところ。編集の方に事細かに直されてへこみます。文章を常に書くことが大事だと思い知らされております。

さて、そんなことで今月からもう少し皆様に有益な情報をお届けできればなあと思う次第なのです。

 

尾田直美

令和になりました

さて、今日から新しい元号『令和』に突入ですね。

昭和から平成に変わったときは天皇の崩御という悲しい出来事からの、改元でしたのでこんなお祭りムードではなく、いろいろなものを自粛するという悲しい改元でした。

しかし、平成から令和に変わることは明るいこととして受け取れることができて、そこも平成天皇らしいことなのかもしれません。

さて、このGWに弊社でできることは何か。子育て中のお母さんのお悩みは一体何か?今一度考えてみることにしました。

まず、今の子育て中のお母さんはだいたい皆さんお仕事をお持ちです。専業主婦でおうちにいます。って方は昭和の時代にはいらっしゃいましたが、最近では少数派のようです

子育て中のお母さんの一番欲しいものは『時間』ではないでしょうか?それもじっくり考える時間とか。自分の時間。

子供はもちろん大切で愛おしいものですが、自分の時間を削って子供のことをやっているお母さんたち。その大切な時間をいかにして有意義に使っていただけるかを考えることが弊社の役割のひとつかなと考えています。

そこをふまえて子育て中のお母さんたちに、楽しく学べる講座を増やしていこと考えています。

平成天皇の最後のお言葉のように、令和の時代が平和で実り多くありますように。

 

尾田