キャッシュレスで5%還元・・・?

さて、10月1日になりましたね。今日から消費税が10%になりました。わかりにくい軽減税率に加え、わかりにくいキャッシュレス5%還元もスタートです。

軽減税率もさることながら、5%還元もなんだかよくわからない。というのが皆様の本音ではないでしょうか?

今日初めてこのポスターが貼ってあるのを見ましたが、街を歩いてもあまり見かけないなあというのが私の感想です。いったいどこに行けば5%還元されるのかも、わからないですね。これじゃ、キャッシュレスを意識しておサイフケータイにしたり、スマホにアプリをダウンロードしても「還元される店舗がわからない」という、残念なことになってしまいます。

経済産業省のサイトに

https://cashless.go.jp/consumer/

アクセスすると使えるお店が確認できるようです。見ていただくとわかりますが、同じお店が重複していたり、存在しないお店が5%還元できると出てきたり、ちょっと使えない感じです。アプリもあるようなので確認したところ、1.2☆でした。1.2☆のアプリってみたことないですよ。ビックリです!!(@_@)

まだまだ発展途上のキャッシュレスですね。この制度が機能するには少し時間がかかりそうです。

自分のお気に入りのお店、使いたいお店が5%還元の対象店舗なのかは、ちゃんと調べてから行くことをお勧めします。

 

尾田

愛するあなたに届ける言葉 第一回

7月7日、調布文化会館たづくりの会議室をお借りして『愛するあなたに届ける言葉』第一回を開催いたしました。雨の中、お越しいただいた皆様ありがとうございました。

この講座は自分の死を考えることで、周りの人との関りや、今の自分のやりたいことを考え直して、自分自身を見つめる時間を作っていただくための講座です。

スタートはこんな感じ。人数が少ない場合は皆様とゆっくりお話しできます。

こんな笑顔も見られます。

真剣に取り組んでいただいてます。

尾田も一緒に取り組みます。

皆様のご感想です。

皆様の人生を考えるのにほんの少しお役に立てたなら幸いです。

ただ今回考えていただいたことは状況が変わればまた変わります。1年に1度くらい、このような機会を作って考えていただくことが大切です。

尾田

『お金に強いママになる』13回を開催しました

今日は10時から『お金に強いママになる』第13回を開催しました。

季節の変わり目で体調を崩された方もいらっしゃったので、マンツーマン講座となりました。

マンツーマンの講座のいいところは、ファイナンシャルプランナーを独り占めしてたっぷりお話しできることです。

不動産会社勤務の受講者様でしたが、貯蓄ばっちりでお教えすることがないのかなといった感じでした。しかしよくよくお話を聞いてみると、少し不安な材料も散見されました。今一度ご主人とゆっくりお話しされるといいですね。

今日は家計簿をつけている方向けの講座でしたが、家計簿をつけていても、見直すことを忘れてしまうと宝の持ち腐れになってしまいます。せっかくの家計簿、活用できるようになりましょう。

児童手当

お子様がいらっしゃるご家庭では、現在 児童手当が支給されています。

この支給されたお金は、どのようにしていますか?

生活費の足しに?お子様に必要なものを購入するために利用?そのまま貯金へ?

家庭の状況によって、さまざまかと思います。

児童手当は、日本国内に居住していて 0歳から中学校終了まで(15歳に達する日の最初の3月末日まで)が支給対象です。

0歳から3歳未満 15,000円、3歳から小学校終了前 10,000円 (第3子以降15,000)、中学生 10,000円、所得制限のある方は 5,000円となっています。

 申請手続きをすみやかに行い お子様は一人、全期間支給を受けた場合の児童手当を 貯金した場合の金額ですが、

0歳から3歳 36か月×15,000円→540,000

3歳から小学校終了 108か月×10,000円→1,080,000

中学校入学から終了 36か月×10,000円→360,000

合計 1,980,000円となります。

児童手当の基本的な考え方は、家庭の生活の安定、児童の健やかな成長のためにというものです。お子様のためにという考えを基本にして、児童手当をそのまま お子様の教育費のために貯めておくと 大学進学の際に 急に大きなお金をあわてて準備しなければいけないという事態は ふせげるのではないでしょうか。もちろん 教育費は 大学の費用だけではないので、家庭によっては、中学校、高校の進学にあわせて 費用の準備が必要になることもあると思います。教育費といっても 学費だけではなく、習い事や 学習塾、部活動等と必要になります。また、家庭やお子様の希望によって、必要になる教育費も異なってきます。

まずは、いつまでに、いくら必要でそのためには 今からどのような準備をはじめれば 家計に無理なく準備ができるのか。おおよそでもかまわないので、どの時期にどのくらいが必要になるのか、お子様の成長の姿を想像しながら、楽しく考えてみてください。

新原

 

 

 

 

 

iDeco(個人型確定拠出年金)を始めたら

4月も半ばを過ぎ、花粉の量もだいぶ減りました。花粉症の方も少しほっとしているのではないでしょうか?気温も上昇してそろそろマスクともお別れしたいですよね。

さて、昨年から加入要件が変わって、iDecoに加入された方かなりいらっしゃるのではないでしょうか。私の知る限りでも加入したというお話を、ちょくちょく聞きます。

iDecoは60歳まで受け取ることができないので、老後資金のために積み立てているのだけれど、本当の意味で掛け金が増やせたかどうかは先にならないとわかりません。

しかし、税制面では優遇されているので、その部分でのメリットを先に受け取っているのです。iDecoの掛け金は全額所得税控除されます。昨年加入された方はその分を年末調整で受け取っているはずです。

ところで、年末調整って貯めていますか?「えっ・・・?」と思った方、要注意です。毎年年末調整をお小遣いとして使っている方、iDecoの控除分も一緒に使っていませんか?

例えば、将来の年金として加入したのだからと元本保証の商品を選んだとしましょう。リスクを取らなければリターンも少ないのは投資の常識。元本保証の金融商品で増えることは期待できません。ではどこでメリットを得るかといえば、税制面の優遇措置が大きいのです。

郵便局や銀行に積み立をしても増える金額はひょっとしたら同じかもしれません。しかし、郵便局や銀行に積立をしているお金と違うのは、iDecoで支払った掛け金には税金がかからないことです。そのお金は毎年年末調整という形で戻ってくるのです。

この年末調整を積み立てておくことをしないと、iDecoに掛け金を積み立てた意味が薄れてしまうかもしれないのです。

昨年の年末調整分はもう使ってしまった方も、今年の分から別口座にしっかり貯めておくようにしましょう。

尾田